toggle
2017-03-28

Proj.10:みどりこども園(基本設計デザイン監修)<2015年竣工>

1970年代、1年余りデンマークに住んでいました。インテリアデザインの勉強を続けたく、探した学校がコペンハーゲンのフレデリクスバーグ工芸学校でした。幸い試験にパスする事ができ、数ヶ月過ぎたころ、ピアノの勉強のためデンマークに着いたばかりの、一人の日本人女性と知り合いになりました。

後のみどりこども園園長です。

私は一学年終了後帰国、その後6年間の滞在を経て帰国した友人とは、時々行き来する関係が続いていました。

お父様の跡を継いで園長をやっていた友人から、道路拡張のため、移転新築の計画が持ち上がり、私にデザインの手伝いをして欲しいという連絡があったのは、2013年。

初めての分野でしたが、2年余りの時を経て、思いが形になりました。

結ぶ,つなぐ がデザインコンセプトです。

人と人、地域とこども園。

大きく4つのゾーンが、緩やかに、軽やかに繋がり、時に風が流れ、子供たちが集い、駆け抜けていく。

新たな奮闘を経験できたこの時間に、コペンハーゲンにあるK.F.U.Kの小さな部屋で初対面にも拘らず夜中の3時くらいまでおしゃべりをした若かった頃の二人を、なつかしく思い出しています。